県連合について

活動方針

2020年、立憲民主党埼玉県連合は、埼玉県において「立憲主義に基づく民主政治を取り戻し、まっとうな政治を実現」や「多様性を認め、困った時に寄り添い、お互い様に助け合う社会の実現」に向けて、下記の活動方針で引き続き活動します。

1.草の根の政治の実践

埼玉県連合に集う運営党員は、埼玉県民の皆さんと積極的につながり、日々の暮らしや働く現場の声に寄り添い、一人ひとりの県民の皆さんと共に歩む草の根の政治を実践して行きます。

  1. 様々な形態の立憲カフェを積極的に開催し、県民の皆さんとの双方向の意見交換の場を作ります。
  2. 立憲パートナーズの登録者数5,000人を目指します。
  3. 立憲パートナーズの皆さんと共同して進める各種活動を積極的に開催します。
  4. 多くの埼玉県民の皆さんに立憲民主党の理念・政策や活動を理解していただくために、県連合のみならず運営党員が積極的に街頭演説活動や各種集会を展開します。

2.選挙対策

現在、衆議院議員の任期は中半を過ぎ、いつ解散総選挙が行われてもおかしくない「常在戦場」の状況にあり、その備えを怠ることはできません。政権交代を目指す野党第1党として埼玉県内の15選挙区で少なくとも過半数の候補を擁立しなければなりません。そのための衆議院選挙小選挙区候補予定者の擁立作業を他の野党の動向も注視しながら加速させます。

また、埼玉県内は首長選挙や市町村議会議員選挙が中間選挙として多く実施されます。地域の皆さんの声をしっかりと受け止める地方自治体議員の仲間を一人でも多く誕生させるべく、立憲民主党公認候補の擁立を積極的に進めます。

3.県連合の執行体制

7月の参議院選挙後、県連合代表が枝野衆議院議員から熊谷参議院議員に交代し、地方自治体議員の皆さんを中心とした新たな執行体制が構築されました。

新総支部長や新自治体議員の仲間をしっかりと増やしながら、県連合の取り組む諸活動が埼玉県民の皆さんに理解され信頼されるものとなるように、常に不断の努力を重ね最適な執行体制を築いてまいります。

衆議院・参議院議員
公式ホームページ/SNS

埼玉3区
山川ゆりこ
埼玉5区
えだの幸男
埼玉15区(比例北関東)
高木錬太郎
埼玉県選挙区(埼玉県)
くまがい裕人