安倍総理の辞任会見を受けてのコメント

安倍総理の辞任会見を受けてのコメント

【2020年8月28日  安倍総理の辞任会見を受けてのコメント】

 

立憲民主党埼玉県連合代表

                      参議院議員 熊谷裕人

 

本日、持病の悪化による体調不調により安倍総理が辞意を表明しました。記者会見での突然の辞意表明に驚きを禁じ得ません。

これで2012年12月に発足した長期政権は7年8月余りでその幕を閉じることになりますが、この間、総理大臣としての重責を担ってきたことには敬意を表したいと思います。また今後、十分な治療を受けられ、健康を回復されることをお祈り申し上げます。

 

 現下の社会情勢は、新型コロナウイルス感染症対策とリーマンショック時を上回る悪化となっている経済対策、続発している災害対策など、喫緊の課題が山積となっており、国民が安心できる対策の道筋をきちんと示すべきです。突然の辞任表明で我が国の政治・経済がさらに混迷を深めることのないよう、一刻も早い臨時国会の開会を望みます。

 

さらに相次ぐ閣僚の辞任や議員の逮捕、とりわけ前法務大臣とその妻である参議院議員の逮捕と刑事裁判が進む中での政権投げ出しは、安倍総理の手による二度目となり、国民の政治不信を増大させることにつながると懸念しています。長期政権下ではもはや自民党に自浄は期待できず、政権担当能力がないことを示しています。これ以上、自民党内での政権のたらい回しを許してはなりません。然るべき時期に国民に信を問うべきです。

 

立憲民主党は合流新党の結成を控えていますが、野党各党や働く仲間である連合の皆様とも協力して大きなかたまりとなり、国民の負託に応え得る、自民党に代わる政権の担い手となることを不退転の決意で目指してまいります。

 なお、埼玉県における県連組織の合流についても新党発足後、速やかに取り組む所存です。

  • 2020年9月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930 
  • 最近のお知らせ

  • 月別アーカイブ